言っても致し方ないところ

まずいない個人を言っても致し方ないところではあるけれどもね。というのはね、川端ね。
ここは打てないスポーツマンよりも、いっそ、我慢するの。これは打撃もそうですけれども、守備もそうですけれどもね。我慢して、広岡をね。使ってほしいし、主人、2軍でホームランを打っているのでね。やっとですけれどもね。
大松って、2軍で打っていたためね。それでですけれども、調子良くなったためね。1軍に昇る素行できたからこそ、こういう見方だったわけですね。ですからですけれどもね。歩み良いのですけれどもね。
で、今日は負けました。しかたない。翌日、小川がしっかりと投げてくれて、勝ってほしいものですね。
負けたときは、転じましょう!無論内省をね。しておかないとね。いけないけれどもね。では、明日のデーゲームなんでね。ではね。敢然とね。寝てですけれどもね。スタミナをね。温存して、勝ちましょう!
この時期はまず5割をキープしましょう!http://xn--ickvbvc0g8ce3166hpx9a.xyz/